東北機械製作所 トップページへ
トップ 会社概要 会社沿革 採用情報 サイトマップ
東北機械製作所 空撮

 当社は昭和14年、東北地方の機械産業を振興する目的で設立いたしました。大規模機械製作などを手掛ける一方、橋梁、 ゲート等は逐年増加し、当社の主力製品となっており、大型構造物の製作を中心とした工場に成長いたしました。
 これまでのエンジニアリングの実績は、ユーザー各位の好評と信頼を得て、飛躍的な発展を遂げて今日に至っております。


昭和14年02月 東北振興秋田鉄工株式会社として設立
昭和16年05月

株式会社十南鉄工所及び旭鉱山機械製造株式会社を吸収合併
社名を東北重工株式会社と改称
昭和18年05月 株式会社大浜製作所、昭和鋳鋼株式会社及び浅田鉄工所を買収
昭和20年10月 社名を現在の株式会社東北機械製作所と変更
昭和23年02月 商工省の炭鉱機械製造に関する重要工場の指定を受ける
昭和30年08月 通商産業省より鉱車の日本工業規格表示許可工場の指定を受ける
平成07年04月 鋳造品を製造しているマテリアル事業部を営業譲渡により分離独立
東北マテックス株式会社として発足
平成19年08月 子会社東北マテックスを吸収合併、二事業部を採用
鉄構機械事業部(茨島工場)は鋼構造物、機械設備等を製造
マテックス事業部(新川工場)は鋳鋼品を製造



 創立当初はもっぱら鉱山機械、土木用機械並びに開墾用大農具等を製作したが、時局の進展に伴い政府の要請で、 5tトラクター、45馬力エンジン、ロードローラーの製作を手掛けてまいりました。
 昭和23年頃より製品も炭鉱、鉱山機械、建設用機械、土木、その他車輌機器等の製作に転換。
 昭和31年より三菱日本重工業(株)(現、三菱重工業)の建設機械(ブルトーザー等の重車輌)の特殊鋳鋼品、 及び鉄構製品並びに三菱金属鉱業(株)(現、三菱マテリアル)、同和鉱業(株)等の鉱山用機械の製作を担当する 作業系列に参加して順調に伸長し続けました。
 加えて昭和39年キャタピラ三菱(株)の設立と共に、同社のブルトーザー用特殊鋳鋼品も大幅に製作する重要な 系列工場として緊密化を図ってまいりました。
 昭和40年代後半からは、官公庁、日本道路公団(現、東日本高速道路(株))等の鋼橋をはじめ水門、環境装置等の 受注も逐次増加し、民需関係では荷役機械、搬送設備等も受注し、幅広く顧客ニーズに応えております。
 現在、鉄構機械事業部においては、官公庁、民間の顧客から橋梁、水門等の鋼構造物や環境機器、クレーン等の 荷役設備の設計、製造、据付を行っております。
 また、マテックス事業部においては、民間顧客を中心に、建設機械、鉄道車輌、一般産業機械部品を製造、販売しております。